停滞腸に陥りやすい3つの体質を解説します。

停滞腸に陥りやすい3つの体質を解説します。

腸というのはとてもデリケートな器官であり、機能が鈍ってしまうと、便や腸内ガスが蓄積されやすい体質になってしまいます。実際に停滞腸に陥る人とは一体どのようなタイプの人なのかついて3つのタイプを解説します。

 

ダイエットを実践している人

まず一つ目はダイエットを実践している人が挙げられます。ダイエット経験者にありがちなのは、食事を抜いたり、トイレを我慢したりすることが多い傾向にあります。

 

便秘薬を常用している人

二つ目が便秘薬を常用している人です。便秘薬を使用することによって、一時的に便秘が改善するのですが、また便秘薬を使用しないと便意を催さないという体質になってしまっているケースが多いです。特に一年以上継続して便秘薬を使用している場合は、便意すら発生しないという状態に陥ることもあるので要注意です。

 

月経前前症候群

三つ目が月経前前症候群です。これはホルモンや神経伝達物質が影響していて月経前には便秘にもなりやすいですし、さらに頭痛、腹痛、むくみ、イライラなどの体調不良をも引き起こします。特に黄体ホルモンの分泌によって、腸の機能が低下し、便秘体質となります。