腸内ガスの原因は腸内に毒素が蓄積されている事

腸内ガスの原因は腸内に毒素が蓄積されている事

いつの間にか腸内ガスが溜まって、ぽっこりお腹になってしまったという方はきっといらっしゃると思いますが、そのような方の間で、いま話題になっているのがデトックスです。このデトックスとは毒素排出、解毒、浄化などと呼ばれていて、体内の毒素を排出して、体内を浄化させるための健康法を指しています。

 

でも体の中の毒素というのは一体いつ蓄積されるのだろうかと疑問をお持ちになったのかもしれません。まず人間は食事をしたとき、口から食物を食べて食道を通過し、胃に入り、消化されて腸の中に入ります。

 

腸の中で食物が消化吸収されて、残りカスがきちんと便となって対外に排出されるという作業が実施される仕組みなっています。ただこの一連の作業に支障をきたす原因があり、消化、吸収、排出がうまく実施されずにいると体内で腐敗して有毒ガスが発生します。

 

このようにして体内で発生した有毒ガスが腸壁から吸収されると、血液を通じて全身をめぐり、細胞に移行します。その結果、細胞の新陳代謝が著しく低下し、肌あれがおきたり、頭痛などの体調不良が発症します。

 

さらに腸内ガスによってお腹がぽっこりしてしまったり、体臭の原因にもなりかねません。食物以外でも、様々な有害物質を日常体内に取り込んでしまっているのは事実です。

 

例えば、食品添加物、農薬、重金属などがその例です。これらも消化管をとりまく血管から吸収され、血液にのって全身をめぐり、細胞に悪影響を及ぼします。このように毒素というのは、体内で発生するケースと対外から侵入するケースがあり、これらを排出することが健康の為に重要になってきます。

 

これらの有害物質は、排便、排尿、発汗を通じて対外に排出する機能が本来備わっているのですが、腸内環境を改善をして腸内ガス抜きをすることによって解消することが期待できます。